Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 夏合宿 北岳 


 山名
北岳3192.4m
 山行日
2014年8月22日(金)〜25日(月)
 人数
CL:K地、SL:Y田、T内、S藤、I崎、I谷
 コース
広河原〜小池小屋(泊)〜北岳〜北岳山荘(泊)〜北岳〜肩ノ小屋〜広川原
 費用
交通費9,950円 宿泊費21,000円 入浴料550円 合計31,500円
 
TAG:南ア,縦走(小屋),北岳,夏山合宿
 
コースmap
北岳 登山コース

 

 コ−スタイム

 22日:

新宿19:30=高速バス=甲府21:30 ビジネスホテル

 23日:

甲府3:00=バス=広河原6:20/7:15−御池小屋10:35

 24日:

小屋5:30−小太郎尾根分岐7:55−肩の小屋8:35/9:05−北岳9:45/10:10−吊尾根分岐10:30−八本歯ノコル手前分岐11:00−北岳山荘12:00

 25日:

山荘5:20−吊尾根分岐6:15−北岳6:40/7:00−肩の小屋7:30/8:00−御池小屋9:50/10:20−広河原12:45

 

 夏山合宿 K池チーム

北岳山頂
北岳山頂

今回は山の会合宿参加と3000m級の稜線を歩く縦走の「初めて」をとても楽しみにしていました。

甲府から広河原行きのバスは便数が少ない為、私達は甲府に前夜泊してAM3:00のバスに乗る予定。AM3:00はさぞかし人が少なかろうと思いきや、夜中とは思えない100人近い行列。全員座れるよう増発してくれたおかげで、ゆっくり広河原まで。広河原からは半数位が北沢峠行きバスに乗り換えていました。

広河原に着いた頃には雨がぱらつき始め雨具を付けての登山開始。ここは「ひなびた上高地」の印象。吊り橋を渡り登山道に入ると見慣れない花クサボタンが迎えてくれ樹林帯を進む、なかなかの急登。時間に余裕があるのと、高度を考えて、ゆっくりと歩を進め、登りも楽になって小1時間すると御池小屋に。私達が1番乗りです。雨は上がったものの霧がかかったまま。霧が晴れて北岳拝みたいなぁ!

昼を小屋のベンチで食べていると、O越 パーティーが到着。その後続々と皆さんが到着するのをお出迎え。H川さんからは丸ごとスイカのお土産に一同盛り上がりました。

山の中で知ったお顔にお会いできるのは何ともホッとして嬉しいものです。これが合宿の楽しみですね!夜、小屋組は新人紹介を含め談話。テント組と合流できなくて残念でしたが、普段お話するチャンスがない方々とのお話に有意義な時間がもてました。

 24日

北岳山荘
北岳山荘

翌朝、次々とパーティー毎に出発。私達も御池とイブキトラノオを見ながら草すべりを経て北岳へ。なかなかの急登をジグザグ。次第に御池も小さくなり、マルバダケフキが目につき始めますが、足元を見ればヤナギラン、トリカブト、シオガマ、シャジン等色とりどりの花がきつい登りを癒してくれます。

すれ違うのは夏休みもあり若者の集団が多く、大きなザックを軽々と背負い縦走してきた達成感が感じられます。青春。若いっていいなぁ!

草すべりをぬけると岩場が増え、ようやく肩の小屋に。他のパーティーも一緒になり休憩。またガスってきて雨模様になってきました。北岳まであとひと踏ん張り。頂上手前ではW辺リーダー組と出会い声を掛け合う楽しいひと時も。

ついに登頂!日本で二番目に高い山!でも周りは霧で視界無。その中でも山座同定して、写真を撮って出発。

北岳をバックに
北岳をバックに

今晩泊る北岳山荘までは、稜線歩きではなくK田さんが教えて下さった八本歯のコルを少し下ってからトラバースする道を行きました。この道は圧巻のお花畑。キンロバイ、

トウヤクリンドウ、ヒゴダイ、ジャコウソウ等の花が寄せ植えのようにあちらこちらに。途中、キタダケソウを保護する柵があり、キタダケソウの葉だけはながめてきました。景色は見られなかったのですが、とても楽しめました。

北岳山荘が稜線上に現れ、黒川紀章設計のおしゃれな建物が見えてきました。霧も少し晴れ富士山もみえて、今回1番の眺めです。

北岳山荘の中は外観よりも普通。でも食堂からは富士山の眺望がよく、昼食をとりながらのんびり半日過ごしました。明日のお天気を祈りながら

 I谷 記

 25日

富士山
富士山

今回一番の長時間歩行、大丈夫かと心配しながら寝付きましたが、2時頃目覚めた時は雨と風の音、出発までには????

朝食に皆さんと今日の行程を話し合い、行きたいけど3000mの稜線は風も強いので涙をのんで帰ることに

帰りは稜線で・・・やはり風が強く、そのまま行かなくて正解だったと感じました。

今回二回目の北岳登頂、日本で二番目に高い山です。

感慨無量、肩の小屋で温かい飲み物で一息ついて、草すべりも花の名前を思い出しながら御池小屋へ少し休憩して広河原へと下山しました。

バスが無いと思っていたら乗り合いバス(ジャンボタクシー)が着いた所で奈良田に帰るとのこと。タイミング良くスムーズに奈良田の里温泉に行けました、

奈良田では今日帰りの西村さんグループと合流になり、無事千葉へ

今回学んだ事は、無理は絶対しないと言う事です。

 I崎 記

 山行記の訪問者数 今月:7件 累計:576件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

南ア 塩見岳 16年7月29日-31日 

南アルプス 荒川三山・赤石岳 15年8月16日-18日 

大雪渓から白馬岳、そして栂池へ 15年8月1日-2日 

南アルプス 鳳凰三山 14年11月8日~9日 青木鉱泉から降雪前の鳳凰三山へ

雨物語2014 南アルプス・甲斐駒ヶ岳 14年8月24-25日 甲斐駒ヶ岳から黒戸尾根

夏山合宿 南ア・野呂川シレイ沢 14年8月23-25日 夏山合宿・シレイ沢、鳳凰三山の薬師岳と観・・・

夏山合宿 南ア・北岳 14年8月23-25日 夏山合宿北岳・N村チーム、御池小屋から北・・・

雨物語2014 南アルプス 畑薙ダムから太平洋 14年7月20-22日 日本海から北・南アルプスを通り太平洋まで歩く

雨物語2014 南アルプス・アサヨ峰 14年7月6-7日 雨のアサヨ峰から仙水峠

夏合宿 吾妻連峰 東大巓・中大巓 13年8月24日-25日 山の会の夏合宿は吾妻山です。天候が心配さ・・・

三伏峠から荒川岳 13年7月28-30日 三伏峠から赤石岳を経て椹島への長い縦走路・・・

南アルプス雨物語その2 上河内岳 13年7月27日-30日 聖岳、赤石岳を縦走する予定でしたが生憎の・・・

南アルプス雨物語その1 茶臼岳から赤石岳 13年7月26日-30日 茶臼岳から聖岳、赤石岳の長い稜線を縦走し・・・