Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 2班班山行 奥多摩・生藤山 


 山名
生藤山990m
 山行日
2014年9月6日(土)
 人数
SL:H川ほか14人
 コース
井戸−三国山−生藤山−連行峰−柏木野
 費用
交通費5,204円、休日パス使用
 
TAG:奥多摩,ハイキング,生藤山,班山行
 
コースmap
生藤山 登山コース

 

 コ−スタイム

9/6(土・曇り) 新松戸6:18=(JR)=8:30上野原8:35=(バス)=井戸9:05−10:50三国山11:00−11:10生藤山11:15−11:55連行峰12:15−14:25柏木野15:20=(バス)=武蔵五日市

 

 概要

生藤山山頂にて
生藤山山頂にて

9月の2班の班山行は誰でも参加できる奥多摩南端の生藤山に決まりました。歩程4時間のコースなので全班から初の会山行に参加する2人を含め総勢15人の参加となりました。

井戸バス停で降り、立派な軍刀利神社から登り始めます。バス停から神社までは道標が少なく地図を見ながら歩きました。

神社からは急登です。三国山で笹尾根に入ると多くの登山者に会います。生藤山を通り連行峰から北側に降ります。道はしっかりしていますが登山者はなく、静かな尾根歩きでした。以下、初参加の2人の感想です。

 H川 記

 

 初めての登山

連行峰にて
連行峰にて

初参加・初登山、その上ハイキングの経験もなし。井戸バス停で降り、皆さんが靴紐を締め直し準備体操をし、「さあ、これから」と思い気合が入ります。

里山の入口を探すとは思わず、道標があるものと考えていました。それと、休憩の時に少しずつ食べることが良い、との事を知りました。

三国山、登り始めの頃は前の人と話しながら登っていましたが、登るにつれきつくなり口数が減り、ただただ前の人の靴を見て登り続け、何とか頂上まで付いていくことが出来、頂上の景色のすばらしさ、達成感を感じることが出来ました。

汗をかき着替えようとした時に、登山中は着替えない、着たまま乾かすことで荷物を増やさない、と教えてもらいました。

登れば降りる。下山が始まると先頭グループの女性たちから遅れることしばし。休憩の時は「膝が笑う」を初体験し、膝を押さえていないと立っていられない状態に。何とか下山し、川原の水で顔を洗うと体の力が抜け、疲れが取れ、すがすがしい気持ちに。

今日1日、64歳には初体験が多く気持ちが落ち着かずワクワクしました。体重1.5kgプラスし、万歩計は初23400歩へ。迷惑をかけたと思いますがこれからもいろいろ教えてもらい、よろしくお願いします。

 K.M 記

 

 今後の課題

下山中の様子
下山中の様子

今回初参加となった生藤山、期待と不安でしたが気さくな先輩方の輪の中に入れてもらい想像以上に楽しいハイキングでした。

歩くのに精一杯で、花・木・地図などを見る余裕はあまりなかったのですが、学ぶ事がたくさんあり頭を使って登らないとダメだと思いました。

今回を機に今後の自分に課題ができました。通勤時のハイヒールを運動靴に変え、駅までのバスをなるべく使用せず意識して「歩く」ことです。次回の山行が楽しみです。

 B.R 記

 山行記の訪問者数 今月:10件 累計:1084件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

奥多摩 御前山 17年6月11日 

房総 嵯峨山 班山行 16年3月19日 

奥多摩 城山 忘年山行 15年12月5-6日 

奥多摩 大岳山 忘年山行 15年12月05-06日 

赤ぼっこ 15年02月17日