Topimg

山行記録

~公開山行や個人山行の記録~

homeBtn 会員専用Btn BlogBtn BackBtn

松戸山の会

山行記録

 テント教室 塩見岳 


 山名
本谷山2657.9m、塩見岳3046.9m
 山行日
2014年10月4日(土)〜5日(日)
 人数
CL:K田、SL:U田、W辺(正)、Y元、H谷、I谷、W辺(敦)、I崎、W辺(桂)
 コース
鳥倉林道−三伏峠小屋(泊)−本谷山−塩見小屋−塩見岳−塩見小屋−本谷山−三伏小屋−鳥倉林道
 費用
10,840円(交通費9,310円、テント代300円、ガス・食費830円、風呂400円)
 
TAG:南ア,縦走(テント),テント教室,塩見岳
 
コースmap
塩見岳 登山コース

 

 コ−スタイム

 4日:

松戸5:45=鳥倉林道駐車場11:09/11:30−登山口12:10/12:17−水場14:00−三伏峠小屋15:00

 5日:

三伏峠小屋3:53−本谷山4:52/5:00−塩見小屋7:00/7:05−塩見7:55/8:00−塩見小屋8:45−本谷山10:00/10:05−三伏峠小屋11:00/11:15−登山口13:10/13:20−鳥倉林道駐車場13:55/14:10=風呂15:27/17:10=松戸21:50

 

 10月4日

早朝、車2台で松戸を出発。集合した面々がまず口にしたのが、「台風は大丈夫かな?今日はいいと思うけど、明日のアタックは・・・」。

大型で強力な台風18号が接近中、明日から雨との予報です。加えて、私にとってはこれが初めてのテント教室で、不安と緊張の中出発しました。

中央道を松川インターで降り、11時過ぎに鳥倉林道駐車場に到着。

準備を整えて11時30分出発。しばらくは林道を歩き、12時過ぎに登山道入口に到着。「三伏峠まで3時間」との標識があります。慣れない重いザックを背に登山道を進むと10分の1の表示。まだ1割か、先は長いな〜。

途中、ちょろちょろの水場で水筒の水を補給したりしながら、15時、三伏峠到着。

三伏山で記念撮影。後ろは塩見岳
三伏山で記念撮影。後ろは塩見岳

テント場は貸し切り状態です。テントを張るのもソコソコに、リーダーの「行くぞ」の一声で、渋々10分ほど登ると「三伏山」。そこには素晴らしい展望が待っていました。

明日登る塩見岳が兜を伏せたような姿で目の前に。その横には北岳、間ノ岳、仙丈岳。荒川三山、赤石も見える。雲海の向こうには中央アルプス、その奥に煙をたなびかせている御嶽山(この日4人の不明者が見つかったと帰宅後知った)。北アルプスも見えている、と、リーダーの解説付き。

「もう、明日何も見えなくても、これだけでも来たかいがあったね。」と皆大喜び。山容を彩る紅葉も美しい。

さて、テントに戻って食事の準備。私達のテントは、H谷さんが準備してくださった挽き肉、ナス、青梗菜などを加えたマーボー春雨とワンタンスープ。とてもおいしかった。完食。

明日は2時半起床、4時出発とのリーダー指令で、夕方6時半には皆就寝。

 10月5日

翌朝、朝食の準備をしていると、雨がテントに当たりだした。それでも全員4時前には、雨具を着て出発の準備完了。ヘッドランプを点けて歩き出した。周りが全く見えない中、ひたすら前の人に付いていくだけ。でも、先頭のリーダーはそうはいかない、K田さんはすごい。

7時、塩見小屋着。小屋は、建て替え工事中で閉まっている。作業小屋のような屋根の下で雨宿りさせてもらい休憩をとる。

ここで、雨で体が冷えたりして体調不良の人は引き返すことになった。幸い私は特に不調は感じなかったので塩見岳に登りたいと手を挙げたものの、登頂組メンバーをみてびっくり。K田さん、U田さん、Y元さんの3人だけ? こんな猛者連のペースにはついていけないとひるんでしまったが、時すでに遅く、登り出すことに。

トホホ。あとは、できるだけ皆さんに迷惑をかけないようにと、先頭のK田さんの後を必死に追いかけ、Y元さんに後ろからフォローしてもらい、気が付けば塩見岳西峰。50分で来ちゃった。

塩見岳 西峰にて
塩見岳 西峰にて

そして5メートル高い東峰でも再度記念撮影をし、下山。ここで、私のサブザックの紐が岩の間に挟まってしまうトラブルが発生。Y元さんの力技で引き抜いてもらった。感謝です。

帰りは、塩見小屋でK田さんから大福の差し入れ、U田さんにもクラッカーをいただき、腹ごしらえをして、三伏峠に向かいました。

靴はとっくに中まで浸水していますが、水溜りを避けながら登山道をひたすら歩いていると、H川さんの雨物語山行記が思い出されました。「靴の中に浸水、いつものこと(私はいつものことじゃないけど)、平気、平気、気にしない。」と、自分を励ます。

11時、予定より1時間以上早く三伏峠小屋に到着できて、ほっとする。

が、ゆっくりする間もなく、ザックの荷造りをし直して、下山。後はもうひたすら「早く駐車場に着かないかな〜」と、思うのはそればかり。

予定より1時間半程早く2時前に駐車場に着く。昨日たくさんあった車が今は3台だけ。1台は小屋の人のもの?さすがにこの台風の中登って来る人はいない。

全身ずぶぬれで、車内を濡らさないように乗るのはなかなか大変。何とか乗車して温泉に向けて出発。松川町営温泉で身体も暖まり、腹ごしらえもして、帰松。

私の初テント教室は雨、でも登頂成功で、ちょっと自信がついたかな。

 W辺(桂)

 山行記の訪問者数 今月:13件 累計:712件

≪お知らせ・関連する山行記≫

≪お知らせ≫

会の紹介 松戸山の会の紹介です。約100名の仲間が関・・・

会員募集 これから始める初心者さんも、経験豊富なベ・・・


≪関連する山行記≫

南ア 鋸岳 単独縦走 17年9月8日-9日 

南ア 塩見岳 16年7月29日-31日 

上州 武尊山 テント教室 15年07月11-12日 

南アルプス 光岳〜聖岳 14年9月20-22日(前夜発) 南アルプスのテント山行

登山学校 上越・越後三山 馬蹄形縦走 14年9月13-15日 テント教室は越後三山の馬蹄形縦走

上越・白毛門〜谷川岳 14年9月6-7日(前夜発) 谷川岳の馬蹄形登山

北アルプス/槍ヶ岳 13年8月9日-11日 槍沢から山頂を目指しました。槍ヶ岳の穂先・・・

テント教室 槍ヶ岳 13年8月9日-11日 テント教室として槍ヶ岳へのテント山行です・・・

6月の八ヶ岳テント泊 13年6月8-9日 登山学校のテント教室で赤岳に登りました。・・・